デザイン性か機能性か|個性的にデザインできるオリジナルTシャツの魅力
メンズ

個性的にデザインできるオリジナルTシャツの魅力

デザイン性か機能性か

選手

デザイン性とは

フットボール(サッカー)の発祥の地とされているイングランドでの最初のサッカーユニフォームには、必ず襟がついていました。なぜかご存知でしょうか。それは、フットボール(サッカー)は紳士のスポーツとされていあたため、紳士の正装シャツとして認識され、必ず襟がついていたと考えられています。現代ではそのようなルールはなく、襟有りのシャツも丸首のシャツ・Vネックシャツなど色々なデザインのサッカーユニフォームがあります。ユニフォーム作成のデザインを考えるうえで、全体のカラーやパンツのカラー、ソックスのカラーなども重要なのですが、実はこの襟の有無やデザインをしっかりと考えることがバランスのいい好みのデザインにする重要なポイントなのです。意外と重要視されていないようなのですが。また、各チームのチームカラーを反映することが多く、その観点からデザインを考えてみるのもいいでしょう。

機能性とは

サッカーユニフォームの生地の種類もいくつかあり、速乾性に非常に優れたものや、洗濯時の色あせやナンバーのはがれなどが気になる方には、昇華プリントによるサッカーユニフォーム作成をおすすめします。昇華プリント製作とは、生地に直接番号や名前・エンブレムなどを着色する製法で、洗濯時の色あせや番号はがれが気にならないうえに、通常の番号貼り付け型ユニフォームでは乾燥機にかけられなかったサッカーユニフォームが乾燥機にかけることができ、時間がない中での洗濯や乾燥に非常に便利な製法です。生地自体の伸縮性も抑えておきたいポイントです。試合をするために着用するユニフォームですが、着心地は人によって違います。生地によって伸縮性が異なるため、着心地を気になされる方は、伸縮性の大きい生地でのユニフォーム作成をおすすめします。また、試合中に相手選手にユニフォームを引っ張られてしまうことがありますが、そのときには伸縮性がある生地とそうでない生地では自分への力の反動が違いますので、その部分でお考えいただくことも必要です。